[感想・解説]ウルトラセブン 第49話『史上最大の侵略 後編』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

さらば!!ウルトラセブン!!

第49話『史上最大の侵略 後編』

登場怪獣:ゴース星人、パンドン、改造パンドン、セブン上司
登場メカ・兵器:ウルトラホーク1号、3号、ゴース星人円盤、地底ミサイル

脚本:金城哲夫
監督:満田かずほ
特殊技術:高野宏一

放送日:1968年9月8日

あらすじ

 その体が限界に近付く中、辛くもゴース星人の繰り出した怪獣パンドンを倒したウルトラセブン。 なんとかダンの姿に戻るものの、そのまま医療室へ運び込まれ昏睡状態に陥ってしまう。 しかし、ダンは検査で宇宙人であることが露見するのを恐れて基地を脱走し、行き倒れているところをウルトラ警備隊ファンの少年に匿われる。 その頃ゴース星人は人類に隷属か滅亡かの選択を迫って地底ミサイルを発射し、世界中の大都市を破壊していた。 ダンは少年の隠れ家に置かれていたテレビで人類の窮地を知り変身しようとするが、自らの体の限界を思い出し躊躇してしまう。 だが、ゴース星人にとらわれたアマギを犠牲にしてでも任務を遂行しようとするウルトラ警備隊の姿をビデオシーバーで見たダンは、駆け付けたアンヌにウルトラセブンであることを告白し最後の戦いへと挑む。

[広告]

キャスト(ゲストのみ)

  • クラタ(南廣):宇宙ステーションV3の隊長。ウルトラホークに乗りウルトラ警備隊の攻撃に加わる。
  • 北村博士(岡部正):地球防衛軍の医師。パンドンとの闘いで傷ついたダンを診察する。
  • ヤマオカ長官(藤田進):地球防衛軍の長官。ゴース星人の攻撃に際して敵基地発見の時間を稼ぐため、各国首脳との会談を計画する。
  • タケナカ参謀(佐原健二):地球防衛軍の高官。玉砕覚悟で攻撃に出ようとする隊員たちをいさめる。
  • マナベ参謀(宮川洋一):地球防衛軍の高官。玉砕覚悟で攻撃に出ようとする隊員たちをタケナカとともにいさめる。

感想・解説(※ネタバレあり)

 ついに最終回となってしまいました。 ダンの告白は特撮史に残る名シーンです。

キャスト大集合!!

 このエピソードはウルトラセブンのグランドフィナーレということで、レギュラーはもちろん準レギュラーまでシリーズに出演したキャストが集合しています。 ヤマオカ長官、タケナカ参謀、マナベ参謀、北村博士、そしてクラタが登場しています。 やはり最終話なのでそれぞれにセリフと役割がしっかり用意されています。 ファンとしては最後に劇中で彼らの活躍が観れたのは嬉しい限りです。

脅威の地底ミサイル

 ゴース星人の地底を進むミサイルというのは恐ろしいですね。 地底には迎撃ミサイルも使えなければ、そもそもレーダーでミサイルを探知することもできません。 またゴース星人の基地シーンで描かれるミサイルの数がすさまじい量で、観るものに圧倒的な絶望感を植え付けます。 そしてこのミサイルが発射されモスクワ、ニューヨーク、ロンドン、パリといった世界の主要とした次々と破壊されるシーンは圧巻です。 燃え盛る炎の中に溶けて横たわるエッフェル塔、マグマの様に赤熱する大地などそのミニチュアによる表現はセブンの集大成にふさわしい出来栄えです。

 おそらくウルトラシリーズを通してもここまでの数の犠牲が出た攻撃は比肩するものがないのではないでしょうか? まさに『史上最大の侵略』というわけですね。

超名シーンの誕生

 主人公が自身こそ宇宙人であると告白する・・・これはウルトラマンでも行われなかった試みです。 しかもその告白がいよいよ別れだというタイミングで、まるで恋人の様に描かれてきたアンヌに対して行われるのでより切ないものになります。 一瞬で切り替わるBGM、そして幻想的な背景の照明。 怪獣ものの特撮番組で人間同士(片方は宇宙人ですが・・・)のドラマでここまで手の込んだ映像を作るというのはなかなかチャレンジだったのではないでしょうか? また、アンヌからセブンがダンであることを聞いたウルトラ警備隊の隊員たちは、セブンではなくダンと呼びかけ、自らの手で地球を守る決意を固めます。 クラタは自らの勘違いを詫び、アイスラッガーをパンドンに捕まれてピンチに陥っていたセブンを火力で救います。 最後の最後で宇宙人と人類に信頼関係が結ばれたのです。 しかし、その後言葉も交わすことなく訪れる別れ。 当時の子供たちにはなかなかヘビーな描写だったんじゃないかと思います。

ですが、子供向けの番組でここまでやり切ったからこそ、半世紀以上の時間を経てなお色あせない名作となったのでしょう。

トリビア・小ネタ

  • ラストシーンでアンヌが流している涙は目薬(※1)

出典

※1 小学館『ダンとアンヌとウルトラセブン: ~森次晃嗣・ひし美ゆり子 2人が語る見どころガイド~』P.107より

ウルトラセブンエピソード一覧

[広告]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です