【視聴レビュー】Amazonオリジナル『戦闘車』エピソード1

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!! 今回はAmazonオリジナル『戦闘車』のエピソード1を観たのでレビューしたいと思います。

かつては地上波でも無茶な企画が実施されていた時代があったそうです。 ビートたけしさんの番組はその代表例でしょう。 しかし、昨今はやれBPOだ、やれ炎上だと企画の内容が委縮してしまいました。 実際自分もそんな過激な番組を目にした記憶はありません。

しかし、 その舞台が万人が目にする地上波ではなく、クリックした人しか見ないネット配信番組だったらどうか。 しかも、そのバックにつくスポンサーが世界規模のモンスター企業Amazonだったらどうなるのか。 その答えがこの番組にあります。

車をぶつける、飛ばす、ぶっ壊す

今回のエピソード1ではダイジェストのみですが、その企画内容のかなりの過激さが見て取れます(; ・`д・´) 進路に割り込んできたスポーツカーに乗り上げる4WD、勢いよく坂を駆け上がり飛んでいく車、そして爆発するSUV・・・相当なもんですよこれは|д゚)

地上波では考えられないキャスティング

プロレスラーの武藤敬司さんやコワモテ俳優の小沢仁志さんなど、あまり地上波バラエティーでは見かけない様な方がキャスティングされています。 さらに極め付けはあの極楽とんぼの山本圭壱さんです!!!! これには浜ちゃんも『あれっ、お前は画面に映っていいのか?』とツッコミ笑 千原ジュニアからも『映ったらあかんやつおるやないか』と長距離でツッコミをくらってます笑 でも、いいんです、Amazonプライムならね(゚∀゚)www

自腹で買った車を巻き込む

このエピソード1では浜田軍に迎え入れられることになる2人尼神インターの渚さんとプラス・マイナスの岩橋さんが、Amazonの冠番組の撮影と称しておびき出されるところがメインとなっています。 尼神インター渚は『TOKYO DRIVE』という、ゲストとトークをしながらドライブするという嘘番組のためにわざわざマイカーを購入(しかも借金で)。 プラスマイナス岩橋は『SA1グランプリ』という嘘番組で本当に大切にしている愛車を駆ってSAで実際に食レポをしながら移動。 しかし、彼らは知らず知らずのうちにそれぞれ浜田軍の面々が待ち受ける富士の裾野へと車を走らせます。 そしてスペシャルゲストとの合流場所に行ってみると、甲冑姿の浜ちゃんたちが待ち受けているという展開です笑 そして、彼らが本当に大切にしているマイカーを絶対に無事では帰れないとんでもない企画に投入するという、ドSの浜ちゃんですら『かわいそう・・・』と漏らすほどの鬼畜きわまる方法で企画に巻き込みますwww

Jr軍 城主:千原ジュニア

藤本敏史(FUJIWARA) ⇒ ボルボ V70
庄司智春(品川庄司) ⇒ アルファロメオ GT
板倉俊之(インパルス) ⇒ メルセデス・ベンツ S320
南明奈 ⇒ メルセデス・ベンツ SLK230 コンプレッサー
脇阪薫一 ⇒ BMW 330i
松岡充 ⇒ ジャガー XJエグゼクティブ
原田龍二 ⇒ アウディ オールロードクワトロ2.7t
武藤敬司 ⇒ リンカーン ナビゲーター

浜田軍 城主:浜田雅功

佐田正樹(バッドボーイズ) ⇒ 日産 ローレル 2000SGX
勝俣邦和 ⇒ 日産 フェアレディZ
千原せいじ ⇒ トヨタ セルシオ
脇阪寿一 ⇒ 日産 スカイライン(チバラギver.)
小沢仁志 ⇒ トヨタ センチュリー
山本圭壱 ⇒ トヨタ カローラ バン
渚(尼神インター) ⇒ 日産 フーガ
岩橋良昌(プラス・マイナス) ⇒ ホンダ クロスロード

エピソード2ではこれらのキャストと車で過激な競技を行う様ですね!! 楽しみだ!!

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です