【レビュー】ウルトラQ第06話『育てよ!カメ』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。

ウルトラQの第06話『育てよ!カメ』のレビューです!!

ウルトラQ全話レビュー

作品情報

登場怪獣:大ガメ ガメロン、万蛇怪獣怪竜、乙姫
登場メカ・兵器:
特になし

脚本:山田正弘
監督:中川晴之助

放送日:1966年2月6日

あらすじ

あらすじ 太郎少年はいつもカメを連れて歩くほど、大のカメ好きである。 ある日、太郎少年の通う小学校の向かいの銀行が武装強盗に襲われ、ひょんなことから大切にしていたカメが連れていかれてしまう。 これを追いかけていった太郎少年も強盗に捕まってしまい、カメともども強盗のアジトに閉じ込められてしまう。 しかし、その時カメが巨大に成長し、太郎少年を救出。 カメは空を飛び、海を泳いで竜宮城へと向かう。 そこには摩訶不思議な世界と乙姫が待っていた。

感想(※ネタバレあり)

バラエティ豊かなウルトラQ作品の中でも特に異色といえる一本です。 ほかの話ではシトロネラアシッドやペギミンHなど架空とはいえ化学物質を使って怪物を倒していたにも関わらず、今回は怪物も出てこないしミドリガメが突然巨大に成長し空を飛びます笑 浦島太郎物語を現代風にアレンジした作品でしたね。

全編にわたって骨格模型が動いたり、強盗団のマシンガンをおもちゃにしてみたりとかなりメルヘンチックな展開が散りばめられています。 強盗団とトラックに乗っているときの太郎少年は、正直頭がおかしいとしか思えない行動をとっています笑 強盗のマシンガンを指して『一発撃ってもいいよな?』と言いだしたり、弾が出ないからといって銃口をのぞき込んでみたりと、行動がカメ好きの少年とは思えない様な完全にヤバい子汗 結局車の中でマシンガンを乱射しちゃってるし( ゚д゚;)

そしてそんなサイコパス太郎君をさらったがために、えらい目に合ってしまったギャングのうちの一人が二瓶正也さんです。 ご存知ウルトラマンのイデ隊員ですね~ この時からかなりコミカルなキャラクターを演じていたんですね。 よく見るとトラックを降りた後もズボンにちゃんとカメが噛みついています笑

特筆すべき点として、第06話についてはメインテーマは別のものに差し替えられています。 普段のあの不気味なテーマ曲とは打って変わって、えらく呑気なテーマ曲になっています。 また背景の映像も太郎少年がカメと遊んでいるものになっています。 非常に牧歌的な作品でした。

小ネタ

太郎少年、ミドリガメを99センチまで大きくしたいとはたまげましたね~ ミドリガメは大きくても大体30cm前後くらいだそうです。 もし99cmまで成長したら・・・、

それはミドリガメじゃありません。

きっとリクガメですよ、100年生きますよ笑 しかもリクガメ泳げないから竜宮城いけないし・・・(´;ω;`)

ダイビングで見かけたタイマイ(休憩中)

ちなみに海に住むカメも結構大きくなります。 上の写真は沖縄で潜った時に見かけたタイマイという種類のカメです。 ガイドさん曰く、この時はサンゴの上で昼寝をしようとしてたらしく、ジッとしていたのでかなり接近することができました。 目の前にしてみると結構大きくて、成人男性でも抱えることはできないであろうくらいの大きさでした( ゚д゚ ) このサイズなら竜宮城連れてってもらえるかも!!笑

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です