【俺の王国 建国史 22】スライムトラップの建造②

こんにちは、最早つるはしと丸石しか友達がいない国王おのまとぺです。

本日は前回掘った穴にスライムトラップを作っていきたいと思います(´∀`)

↑前回のエントリーです

最下層について

最下段

湧き層の最下段は2ブロック分かさ上げしています(閃緑岩(白)の部分) 花崗岩(赤)の部分が最下層となり、ここに水を流して落下してきたスライムを集めるという寸法です(´∀`)

ネットで調べた限りではこれが一番楽そうな方法でした。

湧き層2段目の設置

湧き層2段目の設置

湧き層1段目は閃緑岩で作成しましたが、2段目以降は石のハーフブロックで作っていきます(・∀・) 一番大きいスライムはスポーンするのに2.5ブロック以上の高さを必要としますので、下から数えて3ブロック目に上付きのハーフブロックを設置します(`・ω・´)

湧きつぶしもばっちり

こんな感じになりました!!

しかし、2段目が出来上がってからうかうかしているとモンスターが湧いてしまいますのでご注意(; ・`д・´) 掘り終わった穴や最下層を脇つぶししてあったので忘れがちでしたが、新しい層を作ると中心部に新しい湧きエリアができてしまいます。 1層つくったらさっさと上に移動して湧き潰しをした方がよさそうです(´Д`;)  スライム以外のモンスターなんぞお呼びじゃないんじゃ!!

湧き層3段目以降の設置

同じ要領で湧き層を重ねていくだけなんですが、3段目以降の建設が進むにつれて落下ダメージがシャレにならなくなってきます汗

国王!!こくおーーーーーーう!!(棒読み)

国王も何度も落下事故を起こし、すでにおのまとぺ1世だったのがたぶん14世くらいになってしまいました(´;ω;`)

そんな国王の屍の上に湧き層を完成させることができました!! よくやるわほんと。

スライムが湧くか確認(震え)

以前スライムチャンクではない場所を掘りまくった苦い記憶が脳裏から離れない国王は、しばらくスライムトラップを眺め本当に湧くのかどうか確認することに致しました。

すると最下層に湧きを確認できました!! しかし、実をいうと最下層の花崗岩部分は隣のチャンクなんですなぁ。 ちゃんと湧き層で湧いているところを確認するまでは安心できませぬ。

おっ、ちゃんと湧いとるやんけ!! これで一安心ですε-(´∀`*)ホッ それでは引き続き回収エリアと処理部分の建設に移ります!!

回収エリアの建設

赤とオレンジの部分が回収エリア

上の画像のオレンジと赤の部分を掘り、回収エリアを作りました。 オレンジの部分のサイズは適当で大丈夫です。

こんな感じで掘ってみました。

ここから回収エリア内の作業にはいりますが、湧いたスライムがどんどん降ってくるので一旦封鎖しました笑

ホッパー設置部分

2つ前の画像の花崗岩の床を3×3の広さで剥がし、さらに手前にチャンバーを設置します。

お辞儀する国王

あらあら、 こんな低いところからお辞儀だなんてずいぶん腰の低い国王ですね。 しかし、これは画面に向かってヘーコラしている訳ではなく、さっきのチャンバーにホッパーをくっつけようとしているところでございます。 かがみながらチャンバーに狙いを定めてホッパーを設置すると、ホッパーで回収したものがチャンバー内に流れていきます。

ホッパーを9個設置

チャンバーにつけたホッパーにさらにホッパーをつなげていきます。これを繰り返して9個のホッパーを設置します。 この後ガラスで壁を作ってスライムを窒息させるために中を水でみたしますが、さきに処理エリアを建設します。

処理エリアの設置

頭を使うのが大嫌いな国王にとって、厄介な工程に差し掛かって参りました。 スライム処理エリアの設置です(´Д`)

回収エリアの入り口に3列2段重ねで合計6つの看板を設置。 これで窒息させるための水が回収エリア外に流出するのを防ぎます。

先ほど設置した看板の上段のとなりに3つの看板を設置します。 ここで設置した看板3つと先ほど設置した6つの看板の上段3つが溶岩をためておく部分の底になります。

つぎに溶岩をためておく部分の『ふち』を設置します。 まず下から3ブロックの高さに3つの看板を設置します。 上の写真の位置です。

そして次に画像の壁面に看板を一つ設置します。 これで『ふち』も完成です。 どう見てもスッカスカでこんなところに溶岩を流したら大変なことになりそうなんですが、どういうわけだかこれで溜め置くことができます( ゚д゚ )

ほらね。 ここは魔法の王国なのさ。

つぎにスライムを窒息させる水を満たします。 チャンバーの上にガラスで壁を作ります。 ホッパーの上の部分を水で満たさなければならないので、一旦一段だけガラスブロックを積んで水を流します。

こんな感じになります。 ホッパーの上2段分しっかりと水で満たします。

処理エリアはこれで出来上がりです(´∀`)

テスト

おー、できてる出来てる。 Lサイズのスライムは溶岩に頭をぶつけて中サイズになり、回収エリアへと流されていきます。

回収エリアへと流された中スライムは水の中で窒息して、小スライムに砕けていきます。

そして小スライムも窒息するとスライムボールになってホッパーへ吸い込まれていきます!! 完成だ!!

この後しばらく放っておくとドンドンスライムボールがたまっていきました。 数時間も放っておけば大チェストがいっぱいになりそうな勢いです( ゚д゚ )

でもスライムブロックの使い道が今のところないんだよなぁ

用途はこれから考えます笑

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です