Industries Of Titan 『テクノロジーツリーと研究所』

こんにちはファウンダーの皆さん、おのまとぺ(゜∀。)です!

去る9月23日にCoucil Report(開発日記みたいなもの)がリリースされて、今後テクノロジーツリーと研究施設が実装されることが予告されました。

Industries Of Titanではそこかしこに廃墟があり古代の文明の存在が言及されていましたが、そのテクノロジーを体系化したテクノロジーツリーが実装される予定の様です。 具体的にどういった効果を持つテクノロジーなのかはまだわかりませんが、どうやらステータスを上昇させたり、建物やデバイス、船などをアンロックできるものもあるらしいですよ! まずは29個のテクノロジーが実装され、のちのちさらに数を増やしていくそうです。 

 なお、以下の物はこれまでキャッシュでアンロックできましたが、アップデートでテクノロジーツリーからのアンロックに変更になるそうです。

  • 建物:空気清浄機、産業用送風機、評議会の記念館
  • デバイス:宇宙船用のシールド2種類、強化柱(新デバイス)
  • 宇宙船:コルウス SZ-73、ヘロン OP-3911、ケストラル KL-299、カラカラス T-64、クントゥル ET3728

テクノロジーのアンロックにはアーティファクトを使うみたいです。

続いてこちらが研究施設です。 施設を大きくし、従業員を配置することでテクノロジーの研究が加速するそうです。 画像を見ると接続可能であることが分かります。 また2か月に1度タイタンを訪れるリサーチアドバイザーと呼ばれる人物の家にもなるそうです。

まだ具体的なイメージをつかみづらいですが、テクノロジーという概念が実装され、それに付随する施設として研究施設が建設できる様になるという話ですね。 楽しみです(゚∀゚)

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です