カンボジア旅行記⑦ タ・プロム、パームカフェ、古代集落遺跡

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

前回はちょっと足を伸ばしてバンテアイ・チュマールに行ってまいりました。 遠かった~!!

今回はその帰りに立ち寄ったタ・プローム(有名なやつとは別モノ)、パームコーヒーという喫茶店、Tepkaosa Snay Archaeological Siteという古代集落遺跡を紹介したいと思います~

今回立ち寄ったタ・プロームはトゥームレイダーの撮影地として有名になったタ・プロームと別のものです。

場所はバンテアイ・チュマールのすぐ南にあります。

緑の中にたたずむ寺院

上の航空写真でもわかる通り濃い緑に覆われた小さな寺院です。 雨季の訪問だったので、周りに池ができていました。

茂みからイヌがあらわれた!!

池を回り込むようにして寺院へと向かいます。 途中野良犬と思われる雑種の犬が、草の陰から興味ありげにコチラを伺っていました。

木登りをして遊ぶ地元の子供

更に進んでいくと木の上に地元の子供が!! 近所の子たちの遊び場になっている様です。

謎の木の実

子供が木の実を一つくれました。 ちょっと心配しながらも食べてみると甘酸っぱい味がしました。

傷みの激しい四面像

草木をかき分けて進むと寺院にかなり接近することができました。 近くで見ると結構ボロボロ・・・。

バイヨンに似た造り

違う角度から見るとバイヨンの様に四面の塔になっていることがわかります。 この顔もジャヤヴァルマン7世なのかな?

あまり通りたくない通路

さらに違う角度から近づくとしたが通り抜けられる様な造りになっていました。 しかし、今にも崩れそうです汗

草むらに置かれたヨニ

足元の草むらにヨニが無造作に置かれていました。 恐らくリンガは盗まれてしまったのでしょう。

与党・カンボジア人民党のマークの入ったカード

近くの木に何故かカンボジアの与党の名札?が掛かっていました。 ここで選挙活動でもやってたのかな?

この旅行のあと、まさかフン・セン首相の独裁がここまで強まるとは思いもせなんだ。

交差点の角にあるバーム。コーヒー

タ・プロムに寄った後は56号線と6号線の交差点にあるパームコーヒーで休憩をとりました。 カンボジアの片田舎には不釣り合いなくらい綺麗な出で立ちです。

カフェの入り口

かなり最近できたお店みたいですね。  ほとんど汚れていません。

店内の造りも凝っている

店内の装飾もなかなか凝っています。 カンボジアではかなりお金がかかっている方じゃないでしょうか。 これは、ナウいヤングにバカウケ間違いなしダゼ!!(死語)

これが雪隠でござる

特筆すべきはこのトイレマーク!! かなりギリギリな感じが出ています笑

コーヒーフラッペを注文したのですが、写真をうっかり取り忘れるという大失態!! おいしかったです笑

テプコサスネイって読むのかな? アンコール時代よりもはるかに昔の時代の遺跡の様です。 情報不足でさっぱり内容はわかりませんでした笑

資料館のプレート

資料館(というか小屋)があり、その中に遺骨や遺物が展示されています。 小屋の壁にはこんなピカピカのプレートが。 下の2行には日本の文部科学省と東京経団連の文字が。 もうちょっと立派な建物を建ててあげて欲しかったなぁ・・・。

カンボジアはノーヘルが基本

なお、我々が到着したときは小屋の扉が施錠されており中に入れない状態でした。 管理をしている人が近くに住んでいるらしく、しばらくは小屋の前で待つことに。 その間地元の牧歌的な風景を楽しむことができました。

野良犬のペア

お年寄りの日本人の中にはカンボジアに来ると『懐かしい』と感じる方も多いそうです。 日本の原風景がここにあるのかもしれませんね。

地元の子供

日本人が珍しかったのか子供たちも集まってきました。 ちなみにこの女の子めちゃくちゃかわいかったです笑 20年後にはエラいべっぴんさんになってるんじゃないでしょうか。

派手!!

なかなか来てくれないので、向かいにあったカラフルな仏様の像をみたり、

イベントスペースのような場所

何とも東南アジア感のあふれる壁画を眺めたりすること15分ほど、やっとかかりのおばさんがカギを開けてくれました。

遺跡の地図

反射していてよく見えませんが、資料館の中にはってあった遺跡のマップです。 結構大きい集落だった様ですね。

遺跡から出土した人骨

資料館のど真ん中にはおもむろに人骨が横たわっています。 数千年経って一糸まとわぬ姿でケースに入れられてるって、ちょっと同情しちゃうなぁ。

資料館の中

そんなことよりさっきの女の子!! めっちゃ可愛いでしょ!! 危うくロリコンになるかと思ったよ!!笑

その他いろいろよくわからない展示品類・・・。 たぶん発掘場所を示すコードみたいなのが書いてあるんですがさっぱりわからない汗

一日頑張ってくれた車

この日の行程は以上で終了でした~

シェムリアップに戻った後、クラウィ・スタットというエリアの飲み屋さんで夕飯を食べました。 これは『スタジアムの後ろ』という意味だそうで、地元の人が集まる飲み屋街だそうです。  ここで入ったレストランがなかなか強烈で、子供を含んだ家族連れが来店したかと思ったら、派手なミニスカドレスをきたおねぇちゃんたちが店の入り口で客引きをするというカオスぶり。 おすすめメニューはカエルのから揚げとコショウの実の炒め物です笑 サービスは結構よくて飲み物が空くと店員さんがついでくれるんですが、現地の氷は危ないから避けてるのに勝手にがっつり氷を入れてくれます汗 ご注意を~

それでは!!

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です