【感想】『イエスタデイ』(2019年)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

突然ビートルズがいなかったことになってしまった世界を舞台に繰り広げられる映画です!!

作品情報

  • 日本公開日:2019年10月11日
  • 制作:ワーキング・タイトル・フィルムズ
  • 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和

キャスト

  • ジャック・マリック:ヒメーシュ・パテル( 幼少期:カルマ・スード )
  • エリー・アップルトン:リリー・ジェームズ(幼少期:ジェイミー・コルマー)
  • ロッキー:ジョエル・フライ
  • デブラ・ハマー:ケイト・マッキノン
  • エド・シーラン:本人
  • マーケティングのトップ:ラモーネ・モリス
  • キャロル:ソフィア・ディ・マルティノー
  • ルーシー:エリス・チャペル
  • ニック:ハリー・ミシェル
  • ウェンディ:カミーユ・チェン
  • ギャビン:アレクサンダー・アーノルド
  • ジェームズ・コーデン:本人
  • ジェッド・マリック:サンジーヴ・バスカー
  • シェリア・マリック:ミーラ・サイアル(英語版)
  • テリー:カール・テオバルド
  • レオ:ジャスティン・エドワーズ
  • リズ:サラ・ランカシャー
  • マイケル・キワヌカ:本人
  • ジョン・レノン:ロバート・カーライル

感想

斬新な設定

世界中が12秒間停電している間に歴史からいくつかのものが消え去ってしまい、そのうちの一つがビートルズだったという設定です。 ちょっと日本のアニメっぽい設定ですね。 ビートルズが存在しなかった前提の世界なので人々はビートルズを知りません。 そんな人々の前で主人公が何となく『イエスタデイ』を演奏すると、みんな『なんてすばらしい曲だ』と感動してしまうわけです。 そこで主人公はビートルズの曲を自分の作曲ということにして発表し大スターになっていきます。

ちなみにビートルズ以外にも誰でも知っているものがいくつかなくなっているのでそれはお楽しみということで~

笑えるけどコメディ一辺倒ではない

基本的には笑ってみられる娯楽作ですが、ずっとコメディ一辺倒ではありません。 ビートルズは消えてしまったものの、主人公はあくまでコピーをしているだけ。 いつか自分以外にビートルズを覚えている人が現れて盗作がバレるんじゃないかという恐怖にさいなまれます。 主人公は成功して名声を得るにつれ徐々に追い込まれていきます。 ここらへんはちょっとハラハラする様な演出になっています。

また、主人公とエリーの間ではヤキモキする様な恋模様が展開されますので、こちらも劇中で観客を退屈させないエッセンスとなっています。

やっぱりビートルズってすごい

今回ワタクシは本作を映画館で鑑賞いたしましたが、映画終了後にトイレで用を足していると、隣の高校生が英語でオブラディオブラダを口ずさんでいました。 2019年現在ワタクシは32歳でございますが、自分の親ですらビートルズのリアルタイム世代ではありません。 にも関わらず解散から半世紀が経った現在でも、十代の若者が口ずさめるというのは本当にすごいことだと思います。 もはや流行歌の枠を超えてバッハ、モーツァルト、ベートーベンの様な大音楽家たちと肩を並べる域に到達しているのでしょう。 これから半世紀、1世紀と時を経てもビートルズの曲が世界のどこかで口ずさまれていると思います。 それと一緒にこの映画も長く愛されるものになってほしいなぁと思います。 

映画を観る前に聞いておいたら楽しいかもしれない曲

ビートルズを知らなくても楽しめる、でもビートルズを知っているともっと楽しめる映画でした。 いたるところでビートルズの曲が流れているのでついついノッてしまいます笑 そんなわけで知っておくともっと楽しめる曲をリストアップしてみました。(漏れがあると思いますがご容赦を・・・。)

  1. Yesterday:The Beatles
  2. Let It Be:The Beatles
  3. The Long And Winding Road:The Beatles
  4. Ob-La-Di, Ob-La-Da:The Beatles
  5. In My Life:The Beatles
  6. A Day In The Life:The Beatles
  7. I Saw Her Standing There:The Beatles
  8. Back In The U.S.S.R.:The Beatles
  9. Hey Jude:The Beatles
  10. She Loves You:The Beatles
  11. Here Comes The Sun:The Beatles
  12. Eleanor Rigby:The Beatles
  13. Penny Lane:The Beatles
  14. Strawberry Fields:The Beatles
  15. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band:The Beatles
  16. With A Little Help From My Friend:The Beatles
  17. When I’m 64:The Beatles
  18. Shape Of You:Ed Sheeran
  19. Don’t Look Back In Anger:Oasis

1,3,8,12あたりはストーリーにも絡んでいます。 4,7,11などは演奏しているシーンがしっかり映るので知っておくと楽しいかなと。 13,14あたりは曲にまつわる場所が登場します。 16,17はセリフの中で登場するので曲名だけでも知っているとフフフっとなります。 そのほかは劇中でちょっと流れたりするのと、6に関しては劇中の効果音として曲の一部がオマージュされています。 18,19はビートルズの曲ではありませんが、劇中で何度か流れますので知っておいて損はないです!!

感想(※ネタばれあり!!)

鑑賞前から一人はメンバーのサプライズ出演があるだろうと思っていたのですが、まさかあの人だとは笑 しかも有名俳優のロバート・カーライルだとは全然気づきませんでした汗

『64歳になったら』というセリフとか黄色い潜水艦とか主人公の夢の中に登場する裸足の人とかビートルズを知っているとニヤッとする仕掛けが随所にあります。 ビートルズ好きは絶対見たほうがいい映画です!

 

あとエリーとその妹の女優さん、可愛すぎ( *´艸`)

 

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です