【マイクラ】新お帝国#014 森の御用邸建設

ご機嫌麗しゅう、自ら額に汗する国王・おのまとぺです!!

だんだん気温が暖かくなってきました。 衣替えしなきゃな~

前回は天空に村を作るという超離れ業をぶちかました国王(自画自賛) 実は5回ほど転落してます。

牛丼村とデカ村の間に樫の森が鬱蒼と生えています。 いつもここで木材を調達するのですが、夢中になって伐採していると、村に戻るのが間に合わず日没を迎えてしまうことがあります。 博愛主義者の国王はモンスターを討伐するたびに心を痛める心優しい君主なので極力戦いは避けたいところ。 モンスタートラップ?知らんな。

以前ダークオークの森に作った伐採拠点はこんな感じでしたが・・・さすがにショボすぎるので今度はもうちょっと立派なのにしたいゾ!!

ロッジ建設指令

唐突ですが、出来上がりました!! そこらへんに生えてる木材をふんだんに使った地産地消のエコハウスです。

正面入り口はコチラ。 奥より若干屋根が低くなっています。 途中で屋根の角度が変わるのがチャームポイント。

コチラは裏玄関。 屋根裏の壁には柵を利用し抜群の通気性を実現しています。 虫も入ってくるでしょう。 雨も雪もはいってくるでしょう。 でも、それが自然なのです(無慈悲)

こちらは側面。 大きさと向きが違う二つの屋根をフュージョンさせています。 国王のあふれ出るセンスが垣間見られようというもの。

こちらはまた別の側面。 バルコニーの柵と屋根が支柱でつながっているというトラディショナルでアバンギャルドでエキセントリックなデッザーインがアッーーーースバラシイ国王バンザイ!!

さ・ら・に!! 中には寒いときでもあったかポカポカ、暖炉が設置されています!! わーお、こいつは優良物件だ!!

煙突は屋根裏を貫通して屋根へと抜けているので、二階の住人が燻製になってしまう心配もありません!!

夜でも明るく輝くこのロッジは、決してたいまつの光で輝いているのではなく、この私、国王・おのまとぺの慈悲と威光で輝いていることを一億臣民にはわかっておいていただきたいものですね。

なお、木材伐採のために建設したこのロッジですが、その大量の建築資材を集めるために伐採を進めてしまったので周りの森林が消滅しました(白目) 建てた意味ねぇじゃん!!

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です