Google Adsenseで『ads.txt』の警告が出た(Xサーバーユーザー向け)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

このブログは来訪者が少なくて閑古鳥が鳴いている状態ですが、一応アドセンスでアフィリエイトをやってたりします笑

しばらく前からAdSenseの画面で『要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。』というメッセージが表示される様になりました。 ネットで調べると修正しなくてもさほど問題がなく、逆に設定を間違えると広告の配信が止まるとのことだったので放置していました。

しかし、Googleさんは『この問題さっさと解決しろや。詳細は教えてやらねーけどな!ガハハハハwww あ、しばらく経っても修正されなかったらアカウント消すから(真顔)』みたいなことを平気でやる印象があるので今回修正してみることにしました。

おのまとぺ(゜∀。)が運営するブログは基本的にXサーバーさんのお世話になっています。 Xサーバーさんにはads.txtを簡単に設定できる仕組みがあるのでやり方をご紹介しますね(゚∀゚)

とりあえずads.txtをダウンロード

Google AdSenseで『サイト』を表示すると出てくる警告文の下部にある『ダウンロード』リンクをクリックするとads.txtをダウンロードできます。

テキストファイルを開くとカンマで区切られた文字列が入っていますが、内訳はこんな感じです。 サイト運営者IDはユーザーごとに異なります。 認証機関IDはGoogle AdSenseであればみんな同じですが、違う広告システムを利用している場合はそれぞれのIDが必要になります。

サーバーパネルでads.txt設定を追加!

まず、サーバーパネルの『ads.txt設定』をクリックします。

『ads.txt設定追加』タブをクリックします。

設定を追加するドメインを選びます。

先ほどのads.txtファイルの内容を入力します。 終わったら『確認画面へ進む』をクリック!

入力内容に問題が無ければ『追加する』をクリックします。

この画面が表示されたら設定完了です!

AdSenseの警告文には『変更が反映されるまで数日かかる場合があります。』という表記がありますが、自分の場合には一時間もかからずに反映されました。 結構バラつきがあるみたいですね。 簡単なのでとりあえず設定しておいて損はないと思います! ただ、間違えると広告消えますのでそこは自己責任でお願いしますね~

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です