【感想】『女賭博師』(大映/1967年)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は江波杏子さん主演の『女賭博師』を鑑賞いたしました!! 女賭博師シリーズの第2作です!!

作品情報

  • 公開日:1967年7月15日
  • 上映時間:85分
  • 配給・製作:大映

あらすじ

凄腕の胴師・絵森源造を父に持つ夏江は、表向きはピアノバーの主人であったが裏の顔は父と同じく胴師であった。 彼女には田上という写真家の恋人がおり、ピアノバーの2階にスタジオを作ってやったり、彼に仕事を与えるため化粧品メーカーの宣伝部長に体を許したりするほど深く彼を愛していた。 源造の弟子で夏江の側近を務める松吉は、夏江が尽くすその姿を苦々しく見つめていた。 彼も夏江に気があったのである。

ある日彼女が胴師を務める賭場に滝子という女子大生が現れる。 彼女は恐るべき執念で夏江の手札を当てて金を増やしていくが、それを見た夏江はこの若者を賭博の道に落とすまいと最後の最後で持ち金すべてをかけた滝子を負かす。 滝子はすべての金を失うと恐ろしい目で夏江をにらみつけ賭場を後にした。

翌日、恋人と心中を図った滝子が発見される。 幸い滝子は一命をとりとめたが、横領を犯した恋人のために賭場でお金を増やそうとしていたことを知った夏江は良心の呵責を感じるのだった。 その後息を吹き返した滝子は復讐のために田上のもとへ現れ、自ら一糸まとわぬ姿になって写真を撮らせて情事に及んだうえ、さらに後日博打嫌いの田上に夏江が胴師であることも告げ口して彼を夏江から奪い取ってしまう。

夏江の身に降りかかる災難は他にもあった。 ピアノバーの常連であるグローバル工業の社長・磯部は夏江を自分のものに使用とたびたび言い寄っていた。 彼は犬猿のなかである東京と名古屋のヤクザを一同に集めて大きな花会を計画し、この胴師を夏江にやらせようと考えていた。 しかし、夏江はこの華やかな花会を父の引退の花道にふさわしいと考え、彼に胴師を務めさせてあげて欲しいと磯部に直訴する。 そして、その代償として磯部の求婚を受け入ることを告げる。

そして花会の当日、名古屋側は組長が急病で参加せず不穏な空気となったが、世話役の磯部の計らいで事なきを得て東京のヤクザのみでの開催となった。 源造はその衰えぬ腕前を存分に発揮したが、何者かの通報によって花会の会場に警察が踏み込んでくる。 混乱の中拳銃を手渡された源造は、警察に取り囲まれ進退窮まったのち頭を撃ちぬいて自死を遂げる。 一方、やくざの親分衆のうち3人は磯部の手引きで地下へと逃げおおせる。

源造死亡の報せを聞いた夏江と松吉は、黒幕を突き止め、復讐を遂げるために動きだすのだった。

スタッフ

  • 監督:弓削太郎
  • 原作・脚色:松浦健郎

キャスト

  • 絵森夏江:江波杏子
  • 絵森源造:加藤嘉
  • 浅川滝子:川口小枝
  • 松吉:山田吾一
  • 田上雄二:本郷功次郎
  • 磯部達雄:内田良平
  • 寺内小吉:高村栄一
  • 砂橋宣伝部長:早川雄三
  • 菊田五平:内田朝雄

賭博シーンについて

賭博シーンが多く登場しますが、現代では馴染みがないのでわかりづらいところがあります。 私自身調べないとわからないことだらけでした。(調べたあともルールはいまだに理解できてません笑)

登場する賭博用語

  • 胴師(胴師)・・・賭博を仕切るディーラーの様な役目です。 源造や夏江が仕事としています。
  • とうずら(とうずら?)・・・冒頭のシーンで世話人らしき人が発言していますが、一千万と言っているのでおそらく胴前と同じ意味と思われます。 胴が用意しているお金のことです。

劇中で行われている賭博

今までこういった映画で登場する賭博というのはサイコロを振って『丁!』『半!』みたいなものしか見たことがなかったのですが、この映画では札を使った『手本引き』というゲームで賭けが行われいるそうです。

正直なところしっかりと理解はできていないのですが、簡単にいうと胴師が出す札を当てるゲームとのことです。 丁半がサイコロの目を当てる完全な運のゲームであるのに対して、手本引きは胴師が札を選べるため客との間で心理戦が行われます。 胴師の性格やこれまでの傾向から札を読むそうです。 これが当たった時の高揚感は他の博打の比ではないらしく、『博打の終着駅』などと呼ばれることもあるそうです。

こういったゲーム性があるため源造の様な手練れの胴師は重宝された様です。 だからこそ源造は夜遅くまで練習を欠かさなかったのでしょう。 夏江も最初のシーンで滝子をマークして潰すという高度な技量を見せていました。 逆にもし胴師の力量がなかった場合、すぐに胴前が尽きて場が白けてしまうんでしょうね。

感想(※ネタばれあり)

本作は1967年制作です。 オープニングで赤坂や銀座などが写りますが、その街並みの違いがとても新鮮です。 また、当時できて間もない首都高や新幹線、建設中の高層ビルなど高度成長期の日本が垣間見えてうらやましくも感じました。 だって自分の世代だと生まれて以来、不景気不景気としか聞いたことがないし・・・(´;ω;`) でも、交通量のある道の歩道でバレーボールやってんのはどうかと思う笑

江波杏子さんの美貌とカッコよさ

最初からいきなり入浴シーンではじまるのでドキドキしてしまいますね。 江波さんの肌がめちゃくちゃきれいで見とれてしまいます。 また、シャープな美貌が賭場での『入ります』の一言に迫力と華を添えています。 本来男の世界である賭場に背筋を伸ばし、凛と座る姿は実に格好よいです。 江波さんの鋭いイメージが川口小枝さん演じる滝子と好対照を成しているのが面白いところ。

しかし、一方で田上との逢瀬の後に恥じらいながら髪をいじるところなど女性らしさがのぞくシーンもあったり、父親のいる家に帰った時は少女の様に笑顔で話したりと迫力のある表情だけでないところもまた魅力的です。 

博打と女同士の戦いのスリル

私は幸いにして博打をやったことはありませんので想像もしませんでしたが、この『手本引き』というゲームは映像でもなかなかハラハラさせられます。 もちろんこれはスタッフ陣による演出や俳優さんたちの演技あってのことでしょうが、『入ります』の一声ののちに布で手元を隠し、背中の後ろに回した片手で手札を繰るという静の動作があったあと、合力たちの『どうぞ!どうぞ!』という動の動き、そして博徒たちが掛け金をたたきつけるという一連の流れは始終緊張感があります。 またその間に博徒たちが額に汗して夏江の腹を探ろうとするカットなどがさしはさまれさらにハラハラします。

このスリル感に女同士の戦いというエッセンスが加わっているのが、夏江と滝子の勝負です。 特に名古屋の五平親分のもとでの一番はどっちが勝っても失うものが大きく、作中で最もスリリングな勝負となります。 このマリアージュは強烈でした。

ちょっと単純すぎる展開

展開には不満もありました。

磯部のたくらみに呆気なくだまされる親分衆ですが、ちょっとばかり間抜け過ぎる気がします。 親分たちは幾度となく修羅場をくぐってきたはずの渡世人ですから、もっと鼻が利いてもよさそうなものです。 うっかりすれば名古屋のヤクザと全面戦争になっていたかもしれない際どい状況だったわけですから、本来ならやくざたちが最も警戒する局面だったはずです。 このあたりちょっと設定に無理があるんじゃないかと思いました。

あと名古屋の親分のところでたまたまタイミングよく夏江と滝子が出くわすのもちょっとご都合主義かなぁ、なんて思ったり。 というか同居していた田上と滝子はいつの間に名古屋に引っ越したんでしょうか?

あとはラストですが、磯部を電話できる程度に生かしておいた意味もよくわかりません。 普通ならとどめを刺すでしょう。 夏江にとっては親の仇であり、松吉にとっては師匠の仇。 その上で夏江を嫁にとろうとしたとんでもない不届きものです。 ちょっと詰めが甘すぎますね。

それでは!!

◆DVD

 

◆動画配信


『女賭博師』シリーズ関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です