【俺の王国 建国史 27】木材オデュッセイア④ ~めぐりあいサバンナ~

ご機嫌麗しゅう、旅がらす国王おのまとぺ(゜∀。)です。

木材を求める大冒険も今回で4回目。 思えば遠くへきたもんだ。 前回念願のジャングルの木を手に入れたものの、なんだかんだで拠点づくりに精を出してしまい結構時間を食ってしまいました汗 バカ国王め(#^ω^)

【俺の王国 建国史 26】木材オデュッセイア③ ~船出そしてジャングル~

『バカと言われて黙っておれるか!!いざ出発じゃ!!』

さすが寛容な国王、ちょっとやそっとの暴言では心が折れません。 たいまつと食料を補充していざ出発!!

やたらと濃いジャングル

拠点の対岸に広がるジャングルをかき分け、

ダークオークと苔の生えた丸石のある森を駆け抜けます。

というか何なんだこの苔の生えた丸石は。 掃除してない便所みたいだな。

南船北馬

ジャングルを抜けた先にはまた海が広がります。 国王は進むよ、どこまでも。

途中またしても海底神殿を発見したりしながら、

サバンナ発見!! やっとたどり着いた!!

アカシア発見!!

この珍妙な木がアカシアですか・・・。 なかなかいい色です。

到着したのは良かったものの、もう日が暮れてしまうのでとりあえず野宿。 ゾンビに食われないといいなぁ。

2日目は無事に朝を迎えられましたが、貧乏国王とはいえ流石に野宿を続けるわけにもいきません。 今度こそ簡易な拠点を設営します。 毎回簡易なものにしようと心に誓いながら、結局熱が入って時間をかけてしまうので今回は簡素なものにs・・・

ドーン

またしても結構がんばっちゃったよ。 ま、まぁ、遠くから見えるくらい高い建物にしておかないとまた来るときに迷っちゃうからね、仕方ないね。

尖塔の内部

内装はこんな感じ。 とれたてアカシアの明るい茶色の床が映えます。

羊『やぁ、いらっしゃい』

いや、ここお前の家じゃないから。

2Fはベッドルーム

3Fは何にもありません。

上部が尖塔になっているので、3Fで上を見上げるとちょっと吸い込まれそうな怖い感じになっています。

橋梁の建設

あと目の前の川を毎回渡るのが面倒だったので橋も作りましたよ(゜∀。) 簡易な拠点とは一体何だったのか・・・。

拠点の建設がひと段落したので周囲の探索をしていこうと思います。 周りにはサバンナの他、砂漠バイオームがあるみたいですね。

砂漠の遺跡

砂漠をふらふらしていると地平線に人工物らしき影が浮かんできました。

おっ!! あれはピラミッドですね!! 場所を覚えておいて改めて探索しに行こう。

村発見!!

ピラミッドの右手にある砂丘を超えて散策を続けると、川を挟んでバイオームがサバンナに切り変わっていました。

そこにはなんと小さな村が!! 一定距離まで近づくと村人の動きがシミュレートされてふらふら放浪の旅に出てしまったりするので、影響が出ない距離までダッシュで離れます!!

だがしかし!!

走っていった先にまた別の村が!! こんなに近くに2つも村あんの!?!? さすが国王、おのずと臣民を呼によせる男!!

とりあえず今は拠点建設で資材を使い果たしているので村の防衛はままなりません。 慙愧の念に堪えませんが、本来の目的である『ジャングルの木とアカシアの苗木を本拠地に持ち帰る』ことを優先します・・・。

いつかまた来るぜ、砂漠の民よ!! 次会う時には我がしもべにしてくれる!!

苗木をもって帰路に就くとしよう!! これにて木材オデッセイは幕でございまする~

それでは!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です